冷えによる体調不良に要注意!腹巻やカイロでお腹や仙骨を温めよう!

ビューティー&ヘルス

こんにちは。
浜田山 リラックス&デトックスサロン yuraraです。

最近、雨の日が続きますね。
そして、少し肌寒い!

秋も冷えには注意ですよー!

夏の冷房ダメージ、身体を冷やす食事で冷え切った内臓で
秋を迎える方が増えております。

冷えそのままにしておくと、様々な不調が起きると言われています。

冷えが引き起こす不調

頭痛、めまい、耳鳴り、目の下のクマ、便秘・下痢、肩こり、
風邪をひきやすくなる、集中力の低下、落ち込みなど。

冷えによる不調は数多くございます。

女性が快適だと感じる温度は、
男性よりも3℃も高い!?
とにかく女性は男性よりも冷えやすい!

冷房の中にいると、男性は快適そうなのに、
女性だけがブランケットが欲しくなる(><)

それには理由がございます。

女性は筋肉量が男性よりも1割少ない

筋肉は熱エネルギーを作る工場のような役割をします。

その工場の大きさが女性は男性よりも小さいため、
男性よりも熱を生み出しにくいと言われています。

生理のサイクルも関係

生理前は身体に水分を溜め込みやすくなります。
体内の水分量が増え、冷えやすくなります(><)

水分で1~2キログラムは体重が増える方も!!

生理中は経血とともに、水分の排出のされます。
ここで熱も一緒に体外に出るため冷えが促進されます。

また、女性は骨盤まわりが子宮などで混み合いやすいので
血流が悪くなりやすいとも言われています。

是非、積極的に温めるケアをしましょう。

温活なら腹巻

温活で一番取り入れやすいのが「腹巻」♪

腹巻きが良いのは、内蔵と腰まわりをぐるっと
360度でサポートできます(^^)

内臓が冷えると、身体は「これは大変!」と
お腹に血液を集中させます。

そのことにより、手先や足先の末端が冷えやすくなります。

まずは、腹巻でお腹を温めましょう♪

温活ケアには貼るカイロ

貼るなら、仙骨あたり!

仙骨は、腰よりもやや下の位置にあります。
お尻に触れてでっぱりの骨が尾骨で、
その少し上のその平べったい骨が仙骨です。

仙骨の近くには、腹部大動脈から枝分かれした血管があります。
この血流が良くなることで、お腹のまわりや太ももを
はじめとした全身の血流が良くなります♪

仙骨はアウターにも響きにくいので
おしゃれを楽しみたい方にもおすすめですよ♪

身体はいったん冷えると温めるのには時間が掛かるので
寒さを感じる前に仙骨カイロを始めましょう♪

私も今年は10月1日から始めようと思います(^^)

関連記事